FC2ブログ

ゲイちゃんねる

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

マーティン・ゲイ

Author:マーティン・ゲイ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男を好きになってしまった

06061


1 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 21:49:29.98 ID:Y/ZdUHZh
聞いてくれ。
去年のことだ。俺は大学に進学したごく普通のどこにでも居る巨乳好き異種缶萌え豚だったんだ…。

2 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 21:51:18.10 ID:Y/ZdUHZh
1スペック
身長170
体重70
顔はフツメン 細型若干筋肉付き元音楽関係の部活所属
趣味は巨乳画像検索だった

3 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 21:54:10.23 ID:Y/ZdUHZh
入学したある日俺はさほど大きくもないキャンパスで新入生歓迎会とやらに行って知らない人ばかりの荒波に揉まれてたんだ。
どうにか友達を作りたくって、集合場所で周りをキョロキョロ見渡していたわけだ。
そしたら、ある身体の大きな丸っこい童顔を見つけた。今思うとものすごく失礼だが、こいつとなら友達になれるなと
率直に思ってしまった。

4 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 21:56:31.38 ID:Y/ZdUHZh
まぁ程なくして新入生歓迎会が開かれて、最初はグループに別れて先輩や同じグループの同級生と
自己紹介をしあうわけだ。後に友達となるフツメンの男が一人、他はどっからどうみてもDQNな男女
ばっかりで、先生とばかり会話を弾ませて友だちをつくる機会を失いつつあったんだ。

5 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 21:58:52.40 ID:Y/ZdUHZh
でも、途中から新入生歓迎会のサプライズ?というんだろうかゲームが催された。
もちろん主賓は新入生なわけだから俺達1年生は自然と中央にあつまり上級生がその周り
を囲う形になったわけだ。
そしてゲームが進行していくと、偶然俺が勝ち進んで商品をもらえることになった。

6 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/05(金) 21:59:34.03 ID:7Nkr/sYV
聞いてるよ

8 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:03:46.55 ID:Y/ZdUHZh
>>6 ありがとう 初めてスレ立てたからちょっと緊張してるw

彼はその童顔に似合う困った表情をいつもする男の子で、独りで座るその個の
斜め前にストンと笑顔のまま座り込んだんだ。
スペックにも書いたけど、俺は甘いモノが全然食べられないもんだから、
(下心もあったが)その丸っこい男の子に「お菓子僕食べられないんだ」
と勇気を振り絞って話しかけた。

7 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:01:12.13 ID:Y/ZdUHZh
たしか、クッキーのつかみ取りだったな。
大きくもない手でがっしと掴んで掘り出したお菓子を袋にいれてもらった俺は、
好印象を与えなきゃっ(誰にとでもなく)と思い満面の笑みで礼を言って1年生の座っている
場所に戻ったんだ。
もちろん、戻った場所は体の大きな丸っこい童顔の男の子の場所だった。

9 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:07:21.22 ID:Y/ZdUHZh
丸っこい男の子はSとでも呼ぶ。

S君はその丸っこい見た目を裏切らず甘いモノをよく食べる子だった。
「じゃあもらうよ」と返事をしてくれ内心安堵とガッツポーズをする俺を
尻目にS君はそのお菓子の殆どを食べてくれた。
もちろん俺はその好機を逃さずにお菓子をムシャムシャと食べるS君に
「学部おなじだよね?どこから来てるの?」
といった新入生がする定番の話題から
「部活やってた?」という話をだした。
返事は「楽器を吹いてたよ」だった。

10 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:10:08.08 ID:Y/ZdUHZh
俺は実は高校の時まで吹奏楽部に所属していたんだが、その部活の空気になじめず
高校生の途中で辞めてしまった。それでも音楽は大好きだったしまだまだ
楽器を吹きたいという気持ちはあった。それだからS君が楽器をふけるという事を
しった瞬間思わず飛び上がりそうになったものだ。

そこから仲を進展させるのは実に簡単だった。

11 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:13:37.75 ID:Y/ZdUHZh
話題は音楽という共通点、ゲームもする子だったので新しいゲームの話題
学校の授業の話、先生の悪口と話題に欠かなかった。
S君という友達を手に入れられたと俺は大学生活が楽しくて楽しくて
しょうがなかったし、これから4年間を一緒に過ごすなら親友似なりとまで思った。
一緒にいる時間が少しでも欲しくて、学校へいくバスもわざわざ彼が居る時間を狙って乗り合わせた。

もしかしたらこの時点で俺は彼という人間に惹かれていたのかもしれない。

12 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:17:07.32 ID:Y/ZdUHZh
1ヶ月もすると俺とS君の周りには沢山の友達で溢れかえるようになった。
上で書いたが同じグループの男、またゲームつながりで最終的に10人弱の
決して小さくない友達同士のグループ?が出来上がっていた。
まぁそして予想できるだろうがグループが大きくなった結果、S君は
徐々に俺だけではなくそのグループを見るようになり同時に彼は俺という個人を
そのグループの1人という風にしか接しなくなっていったんだ。

13 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:20:28.73 ID:Y/ZdUHZh
そして俺が彼のことを好きなんじゃないかと思い始めたのはちょうどこの時期だった。
S君が他の友達と仲良く話すとき。
他の友だちの後ろからお腹を掴んでびっくりさせるとき。
彼が俺と合う時より笑顔で挨拶をするとき。
なんていうのか「なんで俺を見てくれないのか?」「S君とは俺がもっと話したいのに」
といった独占欲なのだろうか?友達に対して若干ではあるが(もちろん表面には出さない)
嫉妬をしてしまうようになった。

14 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:23:02.03 ID:Y/ZdUHZh
当時はまだ自分が男を好きになるなんて思いもしなかったから
これはただの自分がいちばん仲の良かったはずの友達を獲られたように勘違いしてる
だけで、これといった特別な感情があるとは考えもしなかった。
だからこそ俺はS君にとってグループの1人という風に俺も同じように
S君をグループの中のひとり。若干俺が好意を持っている程度に抑えていた。

15 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:26:28.56 ID:Y/ZdUHZh
事態が急変したのは夏が過ぎて前期のテストが終わった時だった。

俺の学校は工業系だったんだが、特別難しい授業があって毎年その授業の単位が
取れずに留年する生徒が続出するというものだった。
案の定俺はそれに引っかかって追試験さえも落として好機が始まってないというのに
留年が確定してしまった。
紅葉が始まる季節に俺は、このまま留年したらどうなるかをトボトボと帰りながら
考えたんだ。
もしかしたら、学年が変わってこのままS君とも合わなくなってただの昔友達だった人
になってしまうんじゃないかと。

16 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:31:34.26 ID:Y/ZdUHZh
その日から俺はそのS君の事で頭がいっぱいになるようになってしまったんだ。
後期の授業が始まってもそのことで思考が停止してしまい、ろくに勉強が手に付かない。
S君とどうしたら来年からも同じように友達でいられるかなとずっと考えていた。

そのせいなのだろうか?俺はS君のことを考えると胸が締め付けられるような感覚に
とらわれるようになったのだ。

17 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:34:42.90 ID:Y/ZdUHZh
言葉として同性愛というものはしっていた。
男と男。女と女が愛しあうこと。別に偏見はなく愛があるんだからいいんじゃないかって思っていた。
でも自分がそれだとはとても思うことができなかった。

だが現実に彼のことを考えるだけで胸が締め付けられる自分の事を考えると
他人ごとでもなくなってきた。ネットで同性愛のことを検索したし、直し方がないかと
手当たり次第にサイトを見て回った。
しかし、その明確な解決方法などなかったんだ。(当たり前のことだが)

18 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:37:41.99 ID:Y/ZdUHZh
解決方法がないのだから気持ちの抑えようがあるわけなかった。

気がつけばS君が俺をチラリと見るときや笑顔を見せるだけでとても幸せな気持ちに
なれるようになっていた。
もちろんこれは生理現象だからしょうがないのだが(と思いたい)家で彼のことを
考えるだけで愚息は反応するし一度考え始めちゃうとムラムラがやばくて落ち着かせる
のに一苦労する毎日が続いた。

19 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:43:00.05 ID:Y/ZdUHZh
まぁこんなもんだと予想はしていたが反応うすいもんだね。
面白い話題でもないからしょうがないかw

ところがだ。ある寒い冬の日俺にとって最大の悲劇が訪れた。

ある帰り道友達を含めた3人で駅の構内を歩いているとS君の旧友と鉢合わせした。
懐かしそうに話題に花を咲かせたS君はその後わかれてまた3人で歩き出した。
彼が「友だちとたまにあうと楽しいな」なんて言うものだから、俺はついいつものノリで
「俺達も友達じゃん0?」と言ってしまった。

返事は「友達じゃないよー。同じ学校の知り合い同士」
俺はその対応こそノリで返したが心のなかではどんどんと自分が青ざめていくのがわかった。

20 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:46:46.46 ID:Y/ZdUHZh
俺はS君とかなり仲の良い友達同士だとずっと思ってた。

何か2人でやる作業はいつも2人でやってたし帰るときや朝のバスも一緒だったし(これは作為だが)
いろいろプライバシーも知り合って結構気のおけない同士になれたと思っていたからだ。
だけどそれでもS君にとっては俺は友達という存在になれていないと知った絶望は
かなりのものだったんだ。
なんせもう数ヶ月したら違う学年になるんだから。

21 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:49:49.56 ID:Y/ZdUHZh
また秋のように帰り道はいつもそのことで頭を悩ますようになった。

それと同時にやっぱり俺はS君のことが好きでしょうがないんだということも薄々
自分で認めつつあったんだ。他のメンバーはまだしも彼とだけは別れることが
耐えられなかったからだ。
どんな手をつくしても友達としていたいと願った。

22 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:52:49.39 ID:Y/ZdUHZh
まぁ願いなんてものは叶うものじゃあないんだがな。そのまま時は過ぎ、また春がきた。

俺は気丈に振舞って学年違うことなんて全然苦でもないという風にみせてた。
S君はやっぱりグループの一人が留年するという風にしか見てくれなかった。
そしてどちらかと言うとあの冬の発言以来、俺はなんとなくS君に遠慮しがちに
なっていた。
朝もバスにわざと間に合わなかったりしていっつも一緒にいることを避けていた。

23 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 22:56:09.79 ID:Y/ZdUHZh
わざとS君よりも多く他のやつに話しかけたり
そんなに近くによらないように心がけたり。今思うと若干ツンデレの
心境だったのかもしれないな。ただの普通の友達の1人として本気で
接し始めたんだ。
最終的に俺とS君は2年が過ぎて3年目が始まる今なおグループの友達の
ひとりとして偶に友達の家や学校の昼食で雑談をしている。

言わずもがなだが、思いは伝えずのままだ。

24 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 23:01:02.88 ID:Y/ZdUHZh
結果として当初の思惑だった3年目になっても友達(あちらがどうおもってるかは別として)
を達成できているのだから成功といえば成功だったのかもしれない。
でも俺はその片思いのままこのまま気持ちを封じ込めるべきなのだろうか。
今でも正直悩んでいる。

気持ちを打ち明けたことで関係が崩れることや、断られることを極度に
恐れているんだろう。

25 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 23:04:05.55 ID:Y/ZdUHZh
人生で初めて本気で恋をした。
でもこのまま自然に消滅させていくつもりだ。

ちなみにもう女を恋愛対象として見るのは無理かもしれない(副作用だわな)

26 :以下1がお送りします:2013/04/05(金) 23:06:04.88 ID:Y/ZdUHZh
これで俺の話は終わり。
質問とか雑談があればどぞ。なければこれで終いだがw

27 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/05(金) 23:41:30.12 ID:7Nkr/sYV
いい話だった

34 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/06(土) 03:48:20.98 ID:yABWNlBj
大切なのは>>1がS君を性欲の対象として見ているかどうかだ!!

36 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/07(日) 01:40:54.09 ID:KNDQQHw0
友達じゃないよ、なんて平気で言えるようなやつだ、たいした男じゃない。
…そういう相手にこそ惹かれるから人間不思議だよなあ

37 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/07(日) 12:15:47.42 ID:wkmyCWgC
>>36
それ解る。

38 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/07(日) 21:44:28.49 ID:OMZ7DCxy
友達じゃないよ、ってひどいなあ

39 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/07(日) 21:49:07.12 ID:OMZ7DCxy
友達じゃないとか本当に思ってても適当に友達だねーとか言っとく気がするが、あえて友達じゃないって言ったのは、
Sくんは1の想いか何かを感じとってるんじゃないかな

40 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/07(日) 23:49:53.18 ID:6V3KgBwj
チンチン見たいオーラが出てるんだよ。
俺も学生の時男に好かれたけど告白されたわけでもないのにモロわかりだった。

41 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/08(月) 02:47:30.79 ID:eYzwT9tL
もちろん告白されて突き合ったんだよな?
だからこの板にいるんだよな?

42 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/08(月) 18:25:06.58 ID:LKOOQwgm
もやもやするな。

43 :ウホッ!いい名無し…:2013/04/08(月) 18:28:51.39 ID:bK+KH/6k
S君は気づいてそう


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments


Body

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。